妊娠して赤ちゃんが出来た、出産して赤ちゃんが生まれて嬉しいはずなのに、なぜか気分が落ち込んでしまったり漠然と悲しい気持ちに襲われてしまったりすることがあります。「マタニティブルー」と呼ばれるこの現象は、多くのママさんが経験すると言われています。とても辛い時期かとは思いますが、一過性のものであることがほとんどです。 マタニティブルーは妊娠中や出産後の女性に起きる、漠然と悲しい気持ちになったり涙が出たり不安で眠れなくなったりといった情緒不安の総称です。こういった症状は1~2週間続き、時間とともに自然と治ります。

 

 しかし、出産後マタニティブルーが抜けない、さらに気分の落ち込みがひどい場合には、『産後うつ』が疑われます。

産後うつでよく見られる症状は? 産後うつでは以下のような症状も見られます。

(※皆がすべての項目に当てはまるわけではありません)

・理由もなく涙が出てくる

・眠れない

・まわりの物事に興味が持てなくなる

・自分が悪いと感じている

・母親失格だと感じている

・疲労感が激しく、気力が沸かない

・物事にうまく対処できなくなる

・悲観的にしか物事を捉えられない

・ちょっとしたことで怒ったり泣いたりする

・以前に比べて動作や話し方が遅くなる

 

・死にたいと思うことがある

 「産後うつ」は絶対的な定義があるわけではありません。 ただし通常、出産後から1年以内に発症するうつのことを言います。 一般のうつ病よりも、早く見つけて早く対応すれば治りも早いのが特徴です。 里帰りをしていれば親の援助もあり気づかなかったことも、自宅に帰れば支援がなくなり、1対1の育児が始まります。 まだまだ小さな赤ちゃんを前にして、自分のしている育児が正しいかどうか不安、待望の子どもなのに可愛いと思えない、眠れない…。 身体的に、精神的にも追い詰められていくのが産後うつです。 産後うつは、お母さんの10%(約10人に1人)が経験すると言われています。 (※産後に落ち込む「マタニティーブルー」は、お母さんの3人に1人に見られ、それは1・2週間程度の一過性のもので1ヵ月は超えません。) 心身の疲れ(ホルモンバランスの変化なども含む)が大元の原因ですので、周囲の支援が一番重要なことは言うまでもありません。とくにパートナーである夫の支えが重要です。保健センターなどの行政的なバックアップを受けるのも良いでしょうし、病院でのケアも有効でしょう。

 「産後うつ」は心の病気。専門家に相談して、『まずは』専門の病院を受診し、専門家のアドバイスや、必要であればカウンセリングや治療などを受けましょう。いきなり病院で診てもらうのはためらわれるという方は、自治体の相談窓口を利用するのもおすすめです。うつの症状が軽度の場合は、心のうちを話すだけでも改善につながることがあります。また、自治体窓口では、必要であれば医療機関を紹介してもらえます。 家族・周囲のサポートが必要 産後うつからの脱却のためには、周囲の方の理解と協力が不可欠です。

 ママさんのSOSサインに周囲が気づかずにいると、赤ちゃんにも良くない影響を及ぼす可能性もあります。産後うつを引き金とする負のスパイラルを招かないためには、まずは育児をするみんなが『産後うつ』という病気があると知って理解することが大切。

 

さらに最近では「鍼灸」が有効です。 産後うつを「カラダの不調」とみれば、鍼灸でもお役に立てるのではないか、ということで鍼灸が産後うつに効くかを調べた研究がありますのでご紹介します。 『軽度の産後うつ病のための至陰(BL67)での鍼治療』 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29540339

 東洋医学では、気・血・水のバランスが重要であり、これらが一つでも崩れると体に不調をきたすっと言われています。

 

産後の婦人に起こる諸病の原因は、『血虚』。 血虚とは、血の減少や働きの低下を示す言葉です。つまり、出産によって血が減少することから病気が起こると考えているのです。

 ここにおける血の減少とは、単純に出産時の出血のみを指すものではなく、疲労を起こすような体力の低下、内臓の働きの減少も含む気血の減少を指すと思ってください。

 ストレスや悩み、精神疲労を抱えた身体の状態において、最も影響を受けている臓器が「肝」です。 肝は普段、心がストレスを受けた時に、身体を緊張させることで、それに対処する力を持っています。また、肝=「蔵血」作用があり、血にかかわっております。

当院では、産後うつの原因を

①骨盤の歪み

②体液循環の悪さ

③生活習慣による自律神経の乱れ

…など

を考えています。

 骨盤や背骨は、自律神経が多く通る部分です。妊娠〜出産後に骨盤や背骨に負担がかかると、自律神経が乱れてしまいます。また、体液循環や生活習慣(睡眠・食事・運動)が悪くなると、自律神経が乱れ、産後うつの原因になります。

 そこで当院では、まずは骨盤の歪みを整え、自律神経が整いやすい状態にし、症状に合わせて「鍼灸」をしていきます。体液循環を改善し、自律神経を整えたり、全身に栄養が行きやすい状態にしていきます。

 さらに、あなたに合った生活習慣を指導することで、より早く自律神経を整えていきます。

施術の流れ

私は、あなたの症状を改善するために全力を尽くします。…が、しかしながら、全力を尽くし最良の施術効果を発揮するためには、私とあなたとの信頼関係が必要不可欠です。 そのため、当院の方針として以下のような方の来院はお断りしています。


施術時間・アクセス・施術料金
天上川接骨院

問い合わせ